業務の効率化に役立ち使い勝手も良好

マークシート

マークシートは専用の用紙に対して、利用者が任意の選択肢を選んでマークすれば良いと言うシンプルさが魅力です。用紙を回収すれば、後は機械が読み取り・集計を行ってくれるので、手作業に比べて担当スタッフの負担を大きく改善できるでしょう。パソコンや携帯端末を使うのも同じように業務の迅速化に役立ちますが、こちらは端末やプログラムを用意するための初期費用が問題になります。扱いに慣れるまでに時間がかかるのもデメリットでしょう。対してマークシートなら、用紙を配れば後は鉛筆でチェックマークを記入するだけなので、とても簡単です。この特徴から、現在は利用用途が多彩なものとなってきました。従来は資格検定に良く用いられていましたが、現在は学校の小テストや校内アンケートでの導入事例も増えています。加えて、一般企業においても色々な場面で活躍中です。例えば、営業日報に使われているケースがあります。各スタッフの営業に関しての移動時間や所要時間を記入することで、人件費の管理を容易にしてくれるのです。多数のスタッフを雇用している場合、携帯端末を用意するより遥かにリーズナブルでしょう。他には、厚生労働省により義務化されているストレスチェックを実施するために、活用されるケースもあります。こちらも調査項目から、従業員が当てはまるものをチェックしていくだけで良いので、とても手軽です。集計も機械でできるため正確ですし、時間短縮にも役立ちます。

大量データの迅速処理に

ノートを取る

色々な用途に応用できるのがマークシートの強みです。使うのが紙ですから低コストですし、利用者が端末を無くしたり、操作ミスをしたりするようなリスクも削減できるでしょう。鉛筆でマークするだけなので、小さな子供から高齢者でも理解しやすいのも魅力です。集計には専用の機械を使うこともできますが、PCとスキャナで実施することも可能。一般的なIT設備でも、利用できる可能性があります。この場合、用意するのは専用のソフトウェアになりますが、現在は各社が工夫を凝らし、使いやすい製品が登場してきました。なお、読み取りを代行してくれる業者もあります。マークシートを使えば、短時間で大量のデータを読み取り、整理していくことが可能です。用紙は業者に依頼すれば、専用のものを作ってくれるので活用していきましょう。ニーズに合わせて色々なデザイン、選択肢を取り入れていくことができます。また、一からデザインしなくても、汎用品を活用すると言う手段もあります。

広告募集中