鉛筆

企業のコストカットにもなる

マークシートを委託することで企業のサービスや業務の向上が図れます。業務委託することで完全に自動化できてさらに24時間受付可能になります。オペレーターを置く必要がなく受注確認書を自動的に返送するので便利です。例えば通信販売会社なら購入受付を24時間自動対応できるので業務がスムーズになります。また、外部委託したほうがコストカットになります。受注入力や採点業務をする専門オペレーターが必要なくなります。結果的に人件費のコストカットにつながります。自動化すれば正確性も向上し、オペレーターのミスによる損失も減らすことができます。社員を他の業務に集中させることで機会損失をなくし、事業を躍進できる可能性が生まれます。単純作業をするアルバイトを雇う必要もないです。もしアンケートを依頼するなら集計だけでなく分析までやってもらえます。専門家が行うので統計の知識を持つ社員がいなくても安心です。

依頼してから準備するまで

委託する業者が決まったらまずは実施する目的・日時・頻度などを相談します。この段階で既存品を使うか専用の用紙を作るか決まります。用紙をオリジナルにするならデザインやレイアウトを打ち合わせしていきます。制作して印刷し問題なく動作するか確認します。打ち合わせにかかる期間は1週間は見積もっておきましょう。その場合、打ち合わせにかかる期間を1週間程度は見ておくべきです。当日、用意してもらったマークシートを使って試験やアンケートを実施します。業者が立ち会うかどうかは場合によります。汚れや折り曲げなどがある用紙が渡らないように周知しましょう。回収した用紙を業者に届けます。持参したり輸送したり事前に業者と相談しておきましょう。読み取りにかかる作業も業者次第ですが、10万枚ですと3日程度となります。集計に加えて詳しい分析も依頼するならさらに1日~3日程度の期間がかかるでしょう。

広告募集中